1824年、モルト・ウイスキーの本場ハイランド地方で、最初の政府公認登録蒸留所 となったのが、グレンリベット蒸留所である。そのことから『すべてのスコッチの父』 呼ばれている。香味成分が絶妙に調和した、優雅で繊細な味わいは、歴代の王や王侯貴族 たちを魅了してやまなかった。
そのグレンリベットの人気にあやかろうと、多くの蒸留所がグレンリベットの名を 使うようになったので、他と区別するため、特別に『The』を冠し、 『ザ・グレンリベット』と呼ぶようになった。世界中で『ザ・グレンリベット』 と名乗って良いのは、ザ・グレンリベット蒸留所のものだけである。
ただし、『ジョージ&J・G・スミス』、『R・W・ダスィーズ』、『シグナトリー』 などは、ザ・グレンリベット蒸留所から樽で仕入れ、瓶詰めして販売しているため 『ザ・グレンリベット』と名乗っていなくても、本物のザ・グレンリベットである。 これらは、長期熟成のものが多く、R・W・ダスィーズの31年ものなどは、 コーヒーのように濃い色合いをもち、柔らかで深い味わいの中にも華やかな香りを放つ 絶品である。


ウイスキーの分布へ飛ぶ メニューへ飛ぶ ジンへ飛ぶ